About

僕らはONE PIECEであり、
ビートルズでありたい。

茶農家集団ぐりむ
About

それぞれ個々が営む茶園では、品種茶を育てこだわりのシングル茶を揉む。
これは今までとなんら変わらない。

「茶農家集団ぐりむ」の始まりは、同じ意識の仲間と集まり良質な浅蒸し静岡茶をたくさん揉み一般市場に届けるコト。自園と「二足の草鞋」型の共演がこの「ぐりむ」の在り方です。各人で茶にこだわり、そして仲間とも茶にまみれる。

高齢となり農家が続けられず、管理が出来ず耕作放棄された多くの茶畑たち。ペットボトル全盛で飛び抜けた品質より、使いやすい価格が求められる茶価の実情。

そもそも「茶」だけで暮らせる専業農家はひと握り、そこに拍車をかけるよう日本一の茶処静岡で僕ら茶農家が直面している現状。
このままでは近い将来、茶農家がいなくなるのは必至です。茶農家がいなくなれば静岡茶はどうなってしまうのか?

僕らは幼き頃から「茶」が身近にありました。 そんな静岡の茶を守り続けていきたい。

若手茶農家の責任としてこの事実を、静岡茶の未来を、少しでも明るい未来に開拓しなければなりません。そのため、これからの静岡茶を担うべく僕らは「解散した共同製茶工場」を受け継ぐコトを決めました。
会社をやりたい、社長になりたい、大成したい、そんなコトではありません。受け継いだモノがたまたま組織であって会社であっただけ。個々が目指しそれぞれが活躍する、そんな自園の集まりである集団でありたい。

僕らがつくる茶の未来。僕らは若手茶農家集団「ぐりむ=GREEN DREAM」です。
静岡茶の未来を必ず変化させていきます、どうぞお見知りおきください。

ようこそ。
茶畑の中のティーテラスへ。

RENTAL SERVICE 茶の間、時間貸しサービス。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い「茶の間のご予約」停止しております。

天空の茶の間

息を呑む、絶景の茶畑。

標高350m急峻な茶畑と雲海テラス。富士山と駿河湾、早朝には雲海が眼下に広がる絶景。

両河内 園主 豊好園(ぐりむメンバー)

全景の茶の間

景勝地、日本平山頂。

標高307m富士山と駿河湾、伊豆半島を一望する、絵画のごとき圧巻のパノラマの茶畑。

日本平 園主 茶農家集団ぐりむ

僕らがつくる茶の未来。
それぞれ自園を営みながら静岡の山間部「両河内」に集い、
耕作放棄地となった茶園を再生し
静岡茶の未来のカタチをつくる若手「茶農家集団ぐりむ」です。