高齢化による茶農家廃業とそれに準ずる近い将来。日本従来のカタチであった、単一浅蒸しから、産地や品種をブレンドした深蒸し、そしてペットボトルへ。時代と共に、より合理的で便利さを求め移行してきた現代における茶葉のクオリティ、旨みを求め肥料過多による人工的な旨味すぎる茶。そして右肩下がりな茶価低迷など、茶農家の未来に明るい兆しが見えない昨今。このままでは茶処、静岡茶の未来はどうなってしまうのか。

だからこそ我々若手が立ち、静岡の耕作放棄茶畑を管理し栽培し生産量を増やす。そしてその茶葉を丁寧に茶本来が持つ「美味しい静岡茶」に仕上げ、適正な価格で市場に供給していく。それが、僕らがつくる茶の未来であり「茶農家集団ぐりむ」のミッションです。

Instagram

ようこそ。
茶畑の中のティーテラスへ。

RENTAL SERVICE 茶の間、時間貸しサービス。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い「茶の間のご予約」停止しております。

天空の茶の間

息を呑む、絶景の茶畑。

標高350m急峻な茶畑と雲海テラス。富士山と駿河湾、早朝には雲海が眼下に広がる絶景。

両河内 園主 豊好園(ぐりむメンバー)

全景の茶の間

景勝地、日本平山頂。

標高307m富士山と駿河湾、伊豆半島を一望する、絵画のごとき圧巻のパノラマの茶畑。

日本平 園主 茶農家集団ぐりむ

僕らがつくる茶の未来。
それぞれ自園を営みながら静岡の山間部「両河内」に集い、
耕作放棄地となった茶園を再生し
静岡茶の未来のカタチをつくる若手「茶農家集団ぐりむ」です。